私は“優しい人間”でいようと思う。

優しくあることは難しいことだと思う。

特に、優しさという言葉を聞かなくなった昨今では、優しい人間であることに意味や価値が見出だせなくなることもあるだろう。

しかし、難しいからこそやる意味があるとも言える。

 

 

私はしばしば「優しい人だ」と言われることがある。そして、それは私の自尊心の一部でもある。

優しいことは簡単なようで、実際には困難を伴う。優しい人間は損を引き受ける役であり、見返りを求めることをしないということでもある。

人は――勿論私だって――損得勘定をし、得を勝ち得たいものだ。誰だって損はしたくない。しかし、世の中全てが損得で回ったら、それは人間(性)の崩壊である。どこかで、誰かが、損得勘定を越えた“何か”を成し得ることで、人間(性)は持続していくのだ。そして、それは優しい人間の役目なのだと思う。

 

優しさとは自立した人間が持つものである。。依存性と優しさは両立しない。人間は、自分を受け入れる程度にしか他人を受け入れることが出来ない。つまり、他人に優しくある人間とは、自分を大きく受け入れることが出来る人間ということだ。

 

私は優しい人間でありたい。それはつまり、自分を受け入れ、自立した人間になりたいということである。

優しさとはつまり、強さなのだから。