読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け擦りエロスに後追いタナトス

今日の貴方は昨日の私

若者よ、「この社会はクソだ」と思うのならば働くな。

雑記

其れが、この社会に対する尤もな抵抗だ。

 

 

結局、君達のお金の一部は、何処かの誰かの人生を破壊する為のものだ。そんなものの為に働こうなんて、馬鹿らしいと思わないか?

 

お金は其処に在るようで、実は其処になんてない。分かる?

君達の持っている貨幣自体は、“お金”じゃないだよ。此の国がその貨幣の価値を保証しているからこそ、お金として機能しているんだ。つまり、此の国が終われば、その貨幣は何の価値もないただの紙切れと金属片にしかならない。

 

お金を所持し、其れを手に入れる為に労働している限り、此の国の“奴隷”である事に変わりはないんだよ。

 

勿論、現実として生きていく為にはお金は必要。だけれど、君が働いて国を富ませば富ますほど、此の国の“自意識”は肥大していく。

そして、また誰かを壊すんだ。

 

だったら、止めよう。働くのを止めよう。

真に奴隷から解放される事は無いけれど、少なくとも此の国の『悪事』に加担する事は止められる。此の国が滅んでも、君は生きていくんだよ。新しい国が出来たら、その時にまた働き出せばよい。

 

結局、お金なんてものは絶対性を持たない存在なのだから。そんなに過信する必要は無いんだよ。

 

微かな抵抗も、其れが連鎖すれば大きな力になるのだから。

抵抗しよう。