嗤うSchizophrenia

統合失調症持ちの考えごとブログ

ロマンティストの生き方。

2017年は100年先への為の、激動の年になるだろう。

俺は“今”を見て生きていない。俺に必要なのは、常に未来だ。其れが俺がロマンティストである由縁であり行き方なのだ。

 

 

だから、リアリストの寸劇に参加する気は無い。時代を創るのは、いつだって未来を夢見るロマンティストなのだ。

此れからの時代、リアリストの自意識は萎縮するだけだ。ロマンティストは激動の時代にこそ輝く。

俺は極端なロマンティストだ。故に、“此からは俺の時代”だ。世界の片隅に産まれた男が輝く様を見せてやる。

其れが俺の今年の目標なのだ。

 

未来とは勝ち取るものなのだから。