嗤うSchizophrenia

いつか君の感情を揺さぶる事が出来たならば

捨てて棄てて、もっと自分に。

 

 

恥も外聞もなく、自由に、そして、熱く生きていきたい。