嗤うSchizophrenia

いつか君の感情を揺さぶる事が出来たならば

祖父、父、俺、そして今。

 

 

俺にも闇はある。しかし、其の闇と対峙する時、俺は俺を克己出来るのかも知れない。