嗤うSchizophrenia

いつか君の感情を揺さぶる事が出来たならば

雑記

思考と感情は循環を繰り返すが、それはきっと螺旋。

猫より気紛れです。 さて、全く答えが分からない。 しかし、循環する思考は、何時も懊悩に一つの道標を示す。 少なくとも、私は、私の愛する人を叩き落とす事はしない。否定をしたくはない。

思春期に"中二病"が必要な理由。

児童期の世界観は、正義対邪悪である。二項対立、二元論で形成された勧善懲悪の世界である。

想像とは何であるか。

私は、想像が好きだ。ライフワークと言っても良い。起きている間は、私の内面は常に様々な想像で溢れている。人に言えない想像も多いけれど。

逆転の発想の重要性についての考察。壱

世の中は、分からない事だらけだ。

喧嘩のすゝめ 仮書き置き

「天は人の上に人を造らず、天は人の下に人を造らず」と伝わる。

二十世紀は戦争の世紀と言われているが

此れからの時代は、乱れの時代になるだろう。乱れの時代とは、確かなものが崩壊し、不確実と不確定が蔓延、浸透する時代という事だ。此の時代に及んで、確かなものを過信し、盲信の儘に体制、権威に迎合する者は断末魔を響かせる事になる。ゆめゆめ心得なさ…

他罰行為を生き甲斐にする事は、根底の自罰願望からの退避である。

それも、惨めで激しい自罰願望だ。

宇宙の正体について。

此の宇宙の正体とは何であるかを、完全文系悩の誇大妄想を以て想像してみる。

新しいものを創るのに必要な過程。

あくまで、私が感じ、考える事として捉えて下さい。

此れからのお金についての考察。壱

今回は、お金について考察したい。

自己啓発は、一言で済む。

少し、短文記事を。

これからの教育のキーワードは、自由、独創、そして理系と文系の統合ではないか。

自由とは、教育の主体は被教育者に在るとし、知識や生き方の教授ではなく、被教育者の感性、思考を高次に昇華する為の下地を醸成する事である。

フィクションに於けるカタストロフィが重要な理由についての考察。

さてさて、シン・ゴジラの話題も落着した頃でしょうか。

無と有の差異とは何か、についての自己考察。壱

無と有の差異とは、+と-という逆向きの志向が存在するかどうか、ではないか。

自を以て生きよ

他者の人生に受動的否定を以て介入する人間は、自身の人生を生きる事が出来ていないのだ。

前提が目的になる事は罪業

多様性や差異は、この世界に存在する事への大前提である。その大前提を目的としてはならぬ。

楽成り時。

この世界に、善悪や正異は何処にも存在しない。

相違、差異、異常、嗜虐。

人間は、他者を理解する必要は無い。

独房世界を歩くという事。

いつまで、独房の中に留まってるの?

人間にとって必要なのは、正義ではない。

自らが内包する善と悪を感受し、そのどちらも危うい存在なのだと認識し、その全てを許諾する事だ。 其れが、成熟への根源である。

死生、我在り。

死ぬ時は、三途の河の渡し守に支払う六文が有れば充分。 それ以外のものがあっても彼の世には持って行く事は出来ない。

源を

「税金を投入したのにメダルが取れなかったという議論は恐ろしい」 為末大氏が訴える

スティグマとしての酒鬼薔薇聖斗

Dir en grey - 朔-Saku- [PV] - YouTube

未来永劫、男女で生きていくのは愚か者の所業

人として生きるってモンだろ。

LGBTだのヘテロだの騒ぐ前に、まずその人を見ろよ

LだのGだのBとかTとか、ヘテロはどうだ、と不毛なんだよ。