嗤うSchizophrenia

いつか君の感情を揺さぶる事が出来たならば

雑記

やはり私は『神』を信じられない。

それが、どんな神であっても、ね。

この世界とは何なのか。

この世界とは、厳然とした客観事実に基づいているのではなく、我々一人一人の想像上の産物ではないのか。

炎上の本質。

炎上の本質とは、例えるならば風船だ。

妄想から吹き出すneed

ふと思うことがある。 私が見ているこの世界は実は私の妄想の世界であり、実際の世界はもっと別の姿をしているのではないか、と。

世界は想像に於いて補完され得るべきものである。

冷たく硬直した数式ではなく、ね。

彼らの小さなインターネット。

ネトウヨ、或いはそれに相対する一部の者たちを宮台真司氏は「感情の劣化」と呼んだ。 しかし、私は彼ら(ネトウヨ、或いはそれに相対する一部の者たち)は“感情”以前の問題なのではないか、と思う。そのことについて話そうと思う。

タイトル変更のお知らせ。

ダラダラと毎日を過ごしてます。

鼓動が聞こえる。

昨日から鼓動が聞こえる。 比喩的な表現ではなく、本当に。

主体性とは何か。

主体性とは、自らの人生を自らが考え、行動し、そしてその結果についての責任を負う、ということだ。そして、それは自由とも言って良いだろう。

ロボットは歌わない。

「我々の祖先はネアンデルタール人と共に歌っていた」という言質を聴いた。 詳しい話は忘れたが、何ともロマンのある話である。

我々の頭は何のためにあるのか。

日本人の多くは「自分の頭で考える」ということを知らない、と感じる。高学歴でも、知識は豊富でも、自分の独自の思考を有している人は少ないと感じる。 いわば、一人一人がオリジナルの“ヒト”である、という意識が欠如しているのだ。

日本の人口はもっと少なくて良い。

50年後の日本、8808万人 2053年に1億人割れ:朝日新聞デジタル

原初の原子のお話から導く。

原子とは、それ自体は何の力(エネルギー)も持たない世界最小にして唯一の球体である。

人類が宇宙に行くならば、宇宙船を造るよりも良い方法がある。

それは、“地球を動かす”ことだ。

コミュ障という言葉が嫌い。

コミュ障という言葉が嫌いだ。

俺が生きている間に証明したい三つの事。

1 万有引力の正体は磁力である。

モテに想うこと。

俺は思っているのだが、モテる人、モテない人というのはある程度先天的な事象に由って決められるのではないか、と。

利己と利他の狭間で。

ヒトは矛盾の中で生きている。

説明はしづらいんだがね。

俺は、引力の正体は磁力だと思ってる。

若者よ、「この社会はクソだ」と思うのならば働くな。

其れが、この社会に対する尤もな抵抗だ。

パンセクシュアルかく語りき。

知っている人は知っているでしょうが、私はパンセクシュアルである。(今日は“私”の気分なので、一人称は私とする)

時間は存在しない。

在るのは、動きだけだ。

ヒトは"分相応"という考えを知らなければならぬ。

ヒトは地球から出てはならぬ。 ヒトは不老不死にはなれぬ。

性欲願望咲かせましょう。

セクハラオヤジに対する根本的な誤解を教えよう。実は、セクハラオヤジは性欲が強くない。つまり、性欲が衰えてきて、しかし、その衰えを認められない阿呆。職場の雰囲気を明るくするためだった…セクハラの法廷バトル #ldnews https://t.co/hkRqgRG0A5— 市川…

何処まで行っても狂人なら、地の果てまで狂人で居れば良いだけ。

常識人の仮面と鎧を脱ぐ事にした。 此れからは、スパルタンも吃驚のスパルタ式の慟哭を届ける事にします。 壊れ物なら、壊れ物の矜持ってものが在る故に。

貴方の欠点を十個挙げて下さい。

何なら書き出して下さい。十個挙げられないなら、思い付く限りで構いません。 挙げ尽くしてから、スクロールして下さいね。 では、始めて下さい。

私が思う内閣最強布陣。

内閣総理大臣 桜井誠 行動力抜群! 副総理 橋下徹 総理の補佐に適任。

日本の『お笑い』とは弄ぶ、である。

日本の『お笑い』は、ルーティンを此れでもかと繰り返す事に依って、観客に安心感を芽生えさせ成立させる"笑い"だ。つまり、此のルーティン上の言葉やアクションを変えていけば、ある程度以上のウケは見込める。— 市川健春 (@rashuu0680) 2016年9月16日

反抗の徒に成ろう。

蓮舫さんの問題、騒動から、飛躍して考えた事。

生と死。そして命の本質。

無と有の差異とは何か、についての自己考察。壱 - 駆け擦りエロスに後追いタナトス 生も死も、本質的には同義である。 其れは両者とも、単一の現象であり、其の現象に振り幅が有るか無いか、だ。 そして、命とは、其の振り幅の範疇を絶えず揺れ動いている動…